マカオ航空が2017年夏期ダイヤを発表、個人的には使い勝手低下で残念。

旅行

マカオ航空の2017年夏期ダイヤが発表されました。マカオ旅行は大好物なので、週5便のはずが計画欠航されるより、週3便でも堅実に飛んでくれるほうが嬉しい。前期と比べると使い勝手は悪くなったけど、それでも香港や関空・成田を経由するよりは、福岡からの直行便のほうが断然に価値があって有り難いです。

マカオ航空:2017年夏期運航スケジュールについてのお知らせ
http://www.airmacau.jp/news/170228.html

◆福岡便 2017年5月10日(水)から

便名 運航曜日 出発時間 到着時間 使用機材
NX805 月水金 福岡発 14:20 マカオ着 16:55 A320
NX806 月水金 マカオ発 09:10 福岡着 13:20

土日に就航してない

まぁ他の就航地で機材を使う方が儲かるんだろうな。うちの旦那さんのように、お仕事が土日が休みの人は、金曜午後と月曜まで2日分の休みが必要なのが痛い。ハッピーマンデーで3連休になる週を狙うことになるかと。

個人的には中途半端な発着時間

往路のNX805便。13時過ぎまでに福岡空港に着けば良いので、お仕事は半休で何とかなるかもしれない。15時頃に機内食が回ってくることになるので、お昼ごはんのタイミングは難しい。17時に到着して、入国と荷物回収で17時半、コタイのホテルなら荷物を置いて18時から動き出せるけど、マカオ半島に渡るには橋の渋滞にひっかかる可能性があるのかも。まぁ19時スタートでもマカオは夜も長く楽しめるから何とかなるか。

復路のNX806便。ホテルの場所によるけど7時半~8時には出発することになるので、ゆっくり高級ホテルの朝食バイキングを楽しむことはできません。マカオ空港は飲食店イマイチだし、コンビニの軽食と離陸してからの機内食かなぁ。

と書いて気がついたことには、プライオリティパス持ってるんだった!空港ラウンジを使える人にとっては、ちょうど良いのかもしれない。

でもねー、宿泊が増えるわりにマカオの滞在時間は短くて残念なかんじ。

福岡近隣の方・高齢者・子供連れには、むしろ朗報な発着時間

うちの場合、福岡空港までが近い。悩むのは、徒歩+地下鉄で1人300円30分にするか、タクシー2人で2500円にするかというところくらい。フライト前の移動負担は考えなくてすみます。

が、去年の家族旅行では北九州からの参加、そしておばあちゃんは足が弱かったり、元気とはいえ御年87歳と立派に後期高齢者、マカオ現地の滞在だけでなく、国内での移動も考慮すべきポイントでした。

今回のダイヤだと、自宅から福岡空港まで2~3時間かかるエリアの方、高齢者や子供連れなど移動負荷を考えてゆっくりする必要のある場合、1日目と最終日は移動日と割り切って、余裕あるスケジュールを組むのに適しているように思えます。

往路は、午前中に自宅を出て13時までに福岡空港に着けばよい。復路は、朝は少し早いけど、機内食を食べておいて14時には帰国手続が終わるでしょうから、空港でひと休みして自宅までの帰途についても夕方~夜には着けるでしょう。自宅でも荷解きやらバタバタしちゃうので、帰宅時間が早いと疲れずにすみます。

インバウンド仕様な発着時間

マカオ航空からするとアウトバウンド仕様になりますか、去年2往復して体感した日本人の少なさがしっかり反映されています。福岡空港に戻ってきたときの入国審査で、日本人レーンのまばらさと外国人レーンの行列、分かりやすかったです。福岡から行って帰る日本人は少ないので、マカオから往復するには福岡の滞在時間が長くて使いやすい発着時間になるのは必然ではあります。

インバウンドで考えると、往路NX806便、福岡に14時半に着けば、観光にも時間があるし、もう少し日本国内での移動に当てても良し。復路NX805便、福岡の朝ゆっくりでもよし、最終日午前中まで観光や買物でも良し。

あ、福岡からの出発に時間があれば、天神三越の市中免税店を利用しやすいのかも。これはいい。是非次回は使ってみよう。

16macau0607-089-NEX-3.JPG